即時埋入の機会を外したら、待機手術で

患者様は名古屋市在住の40代女性。
右下顎第一大臼歯の歯根の状態が悪く、何度も歯根の治療を繰り返していたそうですが、結局は抜歯となってしまったそうです。
同部のインプラント治療を希望されて来院されました。
抜歯してから1か月ほどだったので、レントゲン写真では、まだ、抜いた歯根の穴が残っているような状態でした。
4か月ほど待機して、抜いたところに骨が少し回復してくるのを待ち、本日インプラント埋入術を行ないました。


CT インプラント治療