インプラントで義歯の安定を

患者様は名古屋在住の70代女性。
上顎の歯は1歯残っているだけで、ずいぶん前から入れ歯を使用されていたのですが、安定が悪く、満足に食事ができないでいたそうです。
インプラントで義歯を安定させる方法を、お知り合いからお聞きになり、当院に来院されました。
レントゲン、CTを撮影してみると、臼歯部は骨が薄く、骨造成をしなければインプラント埋入は困難でした。
前歯部は十分とはいかないまでも、何とかインプラント埋入が可能な骨の状態でした。
骨造成を行って、臼歯部にもインプラントを埋入して、より安定した状態を得る方法もありましたが、あまり大変なことはしたくないとのことでしたので、前歯部のみに4本のインプラントを埋入する計画としました。
本日、下の写真の矢印の部位に4本のインプラント埋入を行いました。
インプラントが生着したら、義歯の維持装置を装着して、義歯の安定をはかる予定です。


CT インプラント治療